Home > TeamSpeak3 | VoIP > Line NotifyにTeamSpeak3繋げてみた

Line NotifyにTeamSpeak3繋げてみた

Line Notify』というのが、『LINE株式会社』から提供されているそうです。

WEBサービスからの通知をLINEで受け取れるというもの。

開発者向けのAPIも用意されており、誰でも簡単にLINEへの通知するアプリを作れるようです。

TeamSpeak3プラグイン作ってみた

というわけで早速作ってみました。

TeamSpeak3でTextMessageをLINEに通知するというもの。

特殊なTS3の使い方をしているharu個人的には便利ですが、一般人に需要あるか不思議です。

image

Downloadページへ

β版として公開されているTeamSpeak3.1向けです。3.0.19とかでは使えません。

使い方

LINEへのメールアドレスの登録

利用するには、LINEへのメールアドレスの登録が必要です。
以下のページを参考にLINEにメールアドレスを登録してください。

http://appllio.com/line-mail-address-settings

LINE Notifyと友達になる(LINEアプリの設定)

以下のQRコードをLINEでスキャンし、『LINE Notify』を友達に追加します。

このLINE Notify君がTS3テキストメッセージを通知をしてくれます。

通知先をグループに設定した場合は、LINE Notify君をグループに招待してください。

プラグインの設定(PCの設定)

※プラグインのインストール手順は省略します。インストール後の手順です。

TeamSpeak3を起動し、Alt+pキーを押します。

アドオンの設定画面が立ち上がりますので、『ts3LineNotify』の『有効にされています』ボタンを押します。

その後下の方の『すべて再読み込む』ボタンを押します。

そうすると、『ts3LineNotify』の『設定』が押せるようになるので、『設定』を押します。

addon

『取得』のリンクをクリックします。WEBブラウザでアクセストークンの取得ページが表示されます。

アクセストークンというのは、通知先の指定と通知許可を与えるためのパスワードみたいなものです。

addon2

ページの下の方にある、『アクセストークンの発行(開発者向け)』から、通知先を指定するためのアクセストークンを発行します。

『トークンを発行する』をクリックします。

token

以下のような画面が出ますので、『トークン名』と『通知先』を指定します。

『通知先』は自分自身の他に、グループを選択できます。

『実行する』を押下します。

token2

以下のような画面が表示され、トークンが表示されるのでコピーします。

警告されているように再表示不可能なものですので、どこかに控えておく方がよいでしょう。

token3

先ほどのTS3 LINE Notify設定画面に入力欄にトークンを貼り付け『OK』ボタンを押します。

addon2

これで設定完了です。

TeamSpeak3上でチャット等が送信されたら、その内容がLINEに通知されるはずです。

スポンサード リンク

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info
コメントは各ページに関連する内容でお願いします。
各ページに関係しない管理人個人に対するコメントはContactページからお願いします。
TeamSpeak3全般の質問はこちら、Mumble関連はこちらへお願いします。

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.arcenserv.info/archives/5352/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
Line NotifyにTeamSpeak3繋げてみた from 死者のページ

Home > TeamSpeak3 | VoIP > Line NotifyにTeamSpeak3繋げてみた

カレンダー
« 2017 年 8月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ArcencielServer
スポンサード リンク
いろいろ
AVAランキング
メタ情報

Return to page top