Home > TeamSpeak3 | VoIP > TeamSpeak3 Viewer #2

TeamSpeak3 Viewer #2

TeamSpeak3 ビューワを使ってWEBでサーバの状態を公開しましょうというお話です。

外部サービスを使う方法は、多少知識がなくても翻訳サービスを駆使すれば誰でも登録して使えます。

ここで紹介するのは、スクリプトを自鯖上(もしくはレンタルサーバ上)に設置する方法です。

まず、WEBサーバを建てる

自鯖に設置するタイプのビューワはWEBサーバ上で動作します。つまりはWEBサーバを設置しないと駄目なわけです。

PHPスクリプトが実行可能なレンタルサーバを借りれるならそちらでもかまいません。

ここではWEBサーバのインストールに関する最低限の情報だけ載せておきます。

詳細な使い方は各自ググりましょう。

Debian/Ubuntu Linux

Debian ベースのLinuxなら次のコマンドで関連パッケージをインストールすると、スクリプトが設置可能な状態に設定されます。

sudo apt-get install apache2 php5 php-pear

/var/www にファイルに公開したいファイルを設置すれば良いです。

Windows

XAMPP Lite というソフトウェアを使うとサーバや関連モジュールが一括でインストールされWEBサーバが使える状態に設定されます。

インストールが終わったらXAMPP Control Panel を開いて Apache (WEBサーバ)を起動させましょう。

c:\xampplite\htdocs にファイルに公開したいファイルを設置すれば良いです。

外部に公開する場合は、index.php と xampp フォルダを削除したほうが良いかもしれません。

他の環境

WEBサーバ上でPHPが実行できる環境であれば何でも良いので環境に合わせてWEBサーバをインストールしてください。

WEBサーバを設置したら

http://localhost/ にアクセスしてみて、自分のマシン上でサーバがちゃんと動いていることを確認してください。

次に、ルータやファイアウォールで内向きのTCP 80番ポートのアクセスを許可する設定をしてください。いわゆるポート開放です。

TeamSpeak3 Viewer を設置してみる

次のページからTeamSpeak3 Viewer をダウンロードします。下のほうにある「TS3 Viewer v.3 Small jetzt herunterladen」というボタンを押しましょう。

http://tera-core.de/downloads/?action=download&id=9

見た目に凝ったBig版もありますが、ここではシンプルなSmall版で紹介します。Big版も設定の仕方はまったく同じです。

ts3-v3-small.zip というファイルがダウンロード出来るはずです。

次に、WEBサーバの公開ディレクトリ直下にビューワを設置するフォルダをts3vという名前で作ります。

Debian系Linux なら /var/www/ts3v 、Windows でXAMPPLiteを使っているなら c:\xampplite\htdocs\ts3v というディレクトリを作成します。別に名前は何でもかまいません。

フォルダを作ったら先ほどのts3-v3-small.zip の中身をそのフォルダに展開します。

config.php をメモ帳で開いて先頭の部分を設定します。

$ip = "localhost";   //TeamSpeak3サーバのIP
$port ="9987";       //接続用ポート 初期値は9988になっているので9987に変える
$queryport = "10011";//クエリ接続用ポート そのまま
$fileport = "30033"; //ファイル転送用ポート そのまま
$language = "de";    //言語設定 日本語はないのでそのまま
$style = "default";  //見た目の設定、これもそのまま
$loginbox = true;    //ログインボックスの表示の有無、表示しないなら false
$serverpass = "";    //サーバにログインするためのパスワード

あとは、WEBブラウザからアクセスするだけです。

$ip は、外部から接続可能なipアドレスに設定するとビューワをからログインできます。

http://localhost/ts3v/viewer.php

設定が成功していれば次のようにViewer にアクセスできます。

実際難しいのはWEBサーバの設置ですね。

ビューワの設定自体は、ファイルを配置して設定ファイルを数行いじるだけです。

WEBサーバの設定についてはWEB上に有用な文献が多数あるのでそちらを参照してください。

追記:

最近のTS3サーバはデフォルト設定が変わっているので追加設定が必要みたいです。

詳しくはTeamSpeak3 Viewer #3を見てください。

スポンサード リンク

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info
コメントは各ページに関連する内容でお願いします。
各ページに関係しない管理人個人に対するコメントはContactページからお願いします。
TeamSpeak3全般の質問はこちら、Mumble関連はこちらへお願いします。

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.arcenserv.info/archives/3777/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
TeamSpeak3 Viewer #2 from 死者のページ

Home > TeamSpeak3 | VoIP > TeamSpeak3 Viewer #2

カレンダー
« 2017 年 3月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ArcencielServer
スポンサード リンク
いろいろ
AVAランキング
メタ情報

Return to page top